読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 吐き出したいだけ インプレッション

映画を観て感じた個人的な感想や考察を書き殴るポンコツレビュー

PURESSURE

f:id:Zucky93:20161114211456j:plain

はい、なぜか近所のTUTAYAではホラーコーナーに並んでいたこの作品。

 

内容は、潜水士の4人組が海底で作業中に、嵐によって母船が沈没してしまい海底に取り越されてしまってどうしようって感じ。

127時間やオデッセイの海底4人バージョンみたいな感じ。設定的にはもう超好き。

 

急遽直面する予想外の状況。

無慈悲にも消費されていく潜水艇内の酸素と迫り来るリミット、機械のトラブルや海底での寒さ。とにかく八方塞で絶望的な状況の中でパニックになり衝突する4人の人間と、死に直面して浮き彫りになるそれぞれの人生、プロの知恵と経験を集約してなんとか状況を打破しようとする生への執念に終始ハラハラできてよかった。

 

まず母船が沈没したときの絶望感がすごい。

そして酸素の残量とかを気温の低さとかで徐々にさらにまた絶望的な状況だとわかってきて引き込まれる。

そこで焦ったりパニックになる4人のメンバーの衝突も面白い。

腕は確かで仕事に誇りを持つチンピラなおっさんと真面目で責任感の強いリーダー、寡黙で熟練のじいさんと新入りの若造っていう構成のバランスがまたいい。

そして死を前にして流れるそれぞれの人生やドラマがいい。

すぐ死ぬんじゃなくて死のリミットがじわじわと迫る中での人間ドラマが面白いし、プロの技術者の技や知識をフル活用して足掻くさまがリアルでかっこいい。

極限の状況におかれた中で浮き彫りになる人間的な面と技術者のプロ魂みたいモノが個人的にすごく好きだから内容的にすごく満足。

ラストも切ないけどいい終り方だったと思う。

じいさんと若造のやりとりがよかった。なんか胸にくるものがある。

じいさんの懺悔とそれを受けた若造がいい。

とくに若造に感情移入はできなかったけど親になったような気分でがんばれ!って感じで応援できた。そして最後まで足掻く爺さんがかっこいい。

9.5割ほぼずっと海底でのシーンだけど飽きることなく楽しめた。面白かった。

 

~あらすじ~

海底で作業するよ

嵐で帰れなくなった!

このままだと酸素なくなる!やばい!

助かれ!

 

ストーリー・・・★★★★☆

設定・・・・・・★★★☆☆

キャラクター・・★★★★☆

 

こういう設定の映画は死を前にして人間はどんな風になるのか、それぞれが今までの人生を振り返り何を思ってどう行動するのか。その人間の信念や後悔、人格や哲学が死の直前にとる行動に集約されて、丸裸にされた魂のように伝わってきて面白い。

 

 

広告を非表示にする